日本工芸会東日本支部

公益社団法人 日本工芸会は、文化財保護法の精神にのっとり、無形文化財の保護育成を図るために、伝統工芸作家、技術者相互の連絡を密にし、その技術の錬磨に資するとともに、伝統工芸の精髄を極め、その技術の保存と活用を図り、かつ、その発展を期し、もって文化の向上に寄与することを目的として活動しています。

日本全国にある9つの支部のうち、北海道、東北、関東、甲信越在住の会員が在籍しているのが、日本工芸会東日本支部です。陶芸染織漆芸金工木竹工人形諸工芸の7部門にわたって約900名の会員が在籍しています。