日本工芸会東日本支部

木竹工

竹工芸

竹工芸においては、縄文時代にはすでに竹編みの容器がみられます。
正倉院の作品はもとより、平安時代の華籠(けご)の作品もありますが室町以降は、茶道具としても用いられるようになり、茶杓、花入、花篭、台子、提籃(ていらん)等の多様な作品が作られてきました。
その技法は、日本的な特色を示しつつ技術的にも多様な展開をして、現代にまで受け継がれています。 技法としては編組品、丸竹組物、平竹組物等に大別されています。素材としては真竹、黒竹、孟宗竹、淡竹、根曲竹、煤竹などがよく用いられます。仕上げは素材のままのもの、染色をしたもの、拭漆を施したものがあります。

編組品

竹工芸の中心となるのは編組品で、充分に乾燥させた竹を油抜きにし、表皮を削り、細割りして材料の巾と厚みを制作する作品に合わせて整え、底編み腰上げ、胴編み、縁造りという工程を経て立体的な作品に仕上がります。
染色する場合は、材料を先に染め分ける先染めと、仕上がった作品を染める後染めがあります。先染めの場合は数種の色彩を作品の中に組み込む事ができます。
後染めの場合は、同一色に染め上がります。


柾割千集掛編摺漆花籃「春の息吹」 勝城蒼鳳


組物

丸竹、平竹の組物の場合は作品を数種に分けて制作し、それを組み立てるという技法で自由な形を作り出すのに向いています。
編組や組物の竹の織り成す線や編み目の美しさは繊細で上品な趣きがあります。またその技法は種類も多く各地で独自の発達をしており、その呼称も様々です。この様に竹工芸の作品にはいくつもの技法が組み合わされて制作され、それが作家の個性ともなっています。


組物 盛器「萌春」 八子鳳堂


木工芸

指物(さしもの)

指物は手箱や、文机など板を組み合わせて作る技法です。
二枚以上の板を並べて一枚の板を作る矧(はぎ)合わせ、板と板を直角に組む組接、柱と柱をホゾで接合するホゾ接ぎがあります。


指物(さしもの)


刳物(くりもの)

刳物は盛器、盆など一木の素材を、刳って鉋(かんな)、鑿(のみ)などで成形します。自由な形が成形でき刳物ならではの造形ができます。


刳物(くりもの)


挽物(ひきもの)

挽物は大まかに木取りした材料を木工(もっこう)轆轤(ろくろ)にかけ、材料を回転させ、それに刃物を当てて成形します。丸い形の盆、椀、鉢等の量産に適しています。


挽物(ひきもの)


曲物(まげもの)

曲げ物は薄い板を熱湯で処理し、木繊維を柔らかくして、成形し、円筒等を造る方法と、薄い板に鋸を入れて、切断することなくごく薄い繊維を残し、角度をつけて曲げる方法があります。


曲物(まげもの)


木竹工芸品の搬入について