日本工芸会東日本支部

陶芸

陶芸は、土で形を作り、釉薬(ゆうやく)というガラス質の塗料を塗り、窯の中で焼き上げる工芸です。約1250度という高温で焼かれているため、堅牢で食器として、花器として実用性も高く、形や色(絵付け)など表現も多様です。日本では、古くは縄文時代から絶えることなく盛んに製作されてきました。日本工芸会東日本支部には、重要無形文化財保持者(人間国宝)の伊藤赤水、原清を筆頭に関東、甲信越、東北、北海道在住の陶芸作家、約270名が在籍しています。


無名異練上花文皿 伊藤赤水


鑑賞の手引き

大きく分けて、磁器と陶器の2種類があります。きめが細かく、真っ白な地肌を持つ磁器は素地の白さをそのまま見せる「白磁(はくじ)」や、薄青色の釉薬を掛ける「青白磁(せいはくじ)」、また、焼成後の作品にカラフルな絵の具を載せて、もう一度焼き付ける「色絵(いろえ)」などの表現技法があります。陶器の土は、色やきめの細かさなど土の性質がそれぞれ違う為、技法は多岐に渡ります。釉を掛けずにそのまま薪窯で焼き上げ、「窯変(ようへん)」させたり、色の異なる土を使って「象嵌(ぞうがん)」や「練上(ねりあげ)」をすることもあります。茶色い土に白い液状の土を覆い被せることは「化粧(けしょう)」といいます。


鉄釉馬文壷 原 清


出品上の注意